スポンサーリンク

野菜だけで副菜で作って、野菜本来の味を感じれるようになろう

食事

副菜を作る際に野菜を使う

その副菜を一歩踏み込んで

野菜だけで作ってみませんか??

野菜だけで作るとメリットも

くま
くま

個人的には野菜だけで作った副菜大好きです!!

野菜の味がわかる

野菜だけの副菜は味が弱くなりやすい

でも

繊細でもあります

人は食べ慣れているものの方が良く感じるもの

それは野菜の味を感じにくい舌になっている

この際、野菜の味をきちんと感じてみましょう

それはダイエットにも使えるし、日々の健康管理にも

大きく貢献します

野菜によって甘い、苦いなどあります

それは言葉では同じでも

味としての感じ方は、野菜によって大きく違う

トマトの甘みとにんじんの甘みが全然違うように

ジャンクフードばかりの人は

より味覚が狂っています

ちなみに

舌が正確な味覚になるまでは

2週間ほど必要とされています

野菜料理の幅が広がる

野菜料理を作る際に

味のイメージがつきにくいもの

ゆえにマンネリ化しやすい

野菜料理は

テクニック

出汁を有効に使う

味の組み合わせを考える

野菜の味を引き出す

などがあります

その感覚が野菜だけの副菜で養えます

多くの方は、野菜で副菜を作る際に

決め手の味が動物性になってしまい

野菜料理の良さを打ち消しています

正直

もったいない…

動物性に頼らずに、野菜料理を作ってみましょう

個人的には精進料理を副菜に出すのもおすすめ

まとめ

まとめ

野菜だけの副菜は

  • 舌がリセットされる
  • 味になれる
  • 料理の感覚が付く(上達する)
  • 健康になる
The following two tabs change content below.
Avatar photo
精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました