スポンサーリンク

自家製キムチで失敗したから、発酵を使って挽回!塩分濃度は気をつけよう

食事

今回、うちで使っている宅食

大地を守る会から

行者菜がきました

とのことで

キムチを作ったんですが

調べずに作りました

くま
くま

自分の舌に合った

レシピを自分で見つけたい

ベースにしたのは

こちら

今回はアミ(小エビ)は使ってません

そして塩分濃度10%で作りました

くま
くま

漬物ってそんくらいじゃん?

だから…さ

できて翌日に食べると

しょっぺーー!!

これは食べにくい

どうしたものか考えた結果

今までは冷蔵庫でしたが

常温に置いて発酵を進める方法

今は夏なので発酵は早いはず

心配なのは痛むこと

ですが

塩分高いので、大丈夫か?と思い決行

3日常温に置きました

それ以降はまた冷蔵庫へ

そして冷蔵庫に入れて4日経ち

食べてみると

まだしょっぱさは残っていますが

食べれる程度に

旨味も出てきました

発酵するまでは、尖ったしょっぱさ

くま
くま

塩!!って感じ

でしたが

発酵後は

マイルドなしょっぱさに

今回は塩分高いのがそもそもの失敗なので

今度からは5%くらいで作ろうかな

でも

これはこれで

美味しい!

発酵の酸味ももっと出たら

しょっぱさも違ってくるかな

それに

痛みにくいのは

魅力的!

The following two tabs change content below.
精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました