スポンサーリンク

精進料理のお吸い物では、僕はこれは使わない!

僕はいわゆる精進出汁ではお吸い物はあまり作りません。

理由は、椎茸が入っているために椎茸の主張が激しいからです。

どうしても、椎茸の灰汁が強いんですよ〜

ならお吸い物は何で作っているのか?

いつもの夕飯なら昆布だしで作ります。

利尻を使っているため、非常に美味しい吸い地ができます。

利尻昆布は、上品な旨味が強くて、うまっ!って思う出汁が引けます!

気合が入っているときは、昆布に合わせて、大豆、寛平、干し野菜で引いた出汁で作ります。

大豆は精進の出汁では定番といってもいいものです。

でも、大豆だけの出汁はめちゃくちゃ苦手で、使わないです。

豆の風味が前に出まくります。

初めてこの出汁で作った時は、そもそもの吸い地の味付けを失敗してしまい、あまりいい結果になりませんでした笑

この失敗を生かした2回目。

椎茸が無い分、淡くとても美味しいくできました。

やっぱり、淡いのが美味しく感じますね〜

2回目は干し人参を使用し、上手にできました。

ただ、干し人参を使いすぎると人参臭くなってしまうのでご法度です。

干し大根とかも一回考えたのですが、これも主張が強い。

ほのかに甘い野菜がいいかもと思いました。

精進料理って淡く味付けするので、組み合わせが面白い!

もっと色々試してみたいです!

下の本は精進料理を始めてすぐに買った本です。

めっちゃわかりやすい!初めてにちょうどよかったです。

何がよかったっていい感じで本格的なのです!

The following two tabs change content below.
精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント