スポンサーリンク

家で精進料理を食べる時のヒント

精進料理

精進料理。

五葷を使わない分、ヴィーガン料理より食材が限定的。

精進料理を取り入れたくても、なかなか難しいとこありますよね。

日々の食事に取り入れるヒントをいくつか紹介。

1.簡単な精進料理をマスターしておく。

簡単な精進料理。

例えば金平牛蒡や南瓜の煮物など。

困った時に活かせます。

精進料理を家で作ると、一品だけ作ってそれをおかずではなく、何品か作って献立を組み立てた方が食べやすく、満腹にもなります。

なので、何個か覚えておくとgood。

2.挑戦的になる。

簡単なものばかりではマンネリ化してしまうことも。

たまにでいいので、新たな調理法で作ってみて。

本やネットで精進料理を調べて、挑戦すると料理の幅がグッと広がる。

自信にもつながるはず。

3.応用のことも考える。

外食に行った際に、これは精進に落とし込めるかなって考えるの意外と楽しいです。

出汁を変えたりして自分で組み立ててみる。

今は自然食のレストランも増えてきたので、そういうとこで味も勉強してもいいですね。

4.無理をしない。

毎日精進でなくてもいい。

出汁も無理して何種類も作る必要なし。

作れる時に作ってください。

今は粉末出汁もあるので、うまく活用しよう。

おすすめの本

The following two tabs change content below.
Avatar photo
精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました