精進料理を改めて紹介!これを参考にしてみてね!作っても食べても楽しいですよ

精進料理

精進料理

馴染みがないですよね…

この記事で改めて紹介しようと思います。

精進料理

動物性の食品、五葷(ネギやニンニクなどの刺激が強いもの)を除いて、植物性の食品だけで作る料理

海外の言い方を借りると、オリエンタルヴィーガン。普通のヴィーガンとも一線違います。

そもそもはお寺などで食べられています。

お彼岸や四十九日などで食べた方もいるかも。

一説では、昔は山で修行をしていたので、動物や香りが強いものを使うと獣がよってきて危ないから。という説もありますが

俗説では、殺生をしないためや煩悩を消すために欲を抑える目的が有名かも。

五葷とお酒は勝手に寺に入るとも言われるほど料理で使うので、使用していいとこもあります。

もっと簡単に言えば、追って逃げるものは食べないが簡単。

メリット

基本的に植物性だけなので、カロリーも抑えられて身体に負担がかかりません。

また、偏頭痛、花粉症、鼻炎も治ります(現に酷かった僕が全くなくなりました)

料理が凝っているので、料理好きで凝り性な方は作るだけでも楽しい笑(僕)

デメリット

  • お肉を食べたいときに困る。
  • 手間がかかる。

です。

デメリットの解消法

毎日精進の必要は全く、ほんと全くないのでたまの動物性はおっけ!(修行僧じゃないからね)

気軽な精進料理も多いです(これからこのブログでも紹介していきます)

むしろたまに精進料理の方がいいかも。美味しかったらまた食べたくなりますし。

レッツ精進料理

The following two tabs change content below.

森のクマ

精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント