スポンサーリンク

添加物の味…わかりやすい味を避けて味覚を戻そう。

日記

添加物はなるべく避けています。

自分の料理もなるべく〇〇のもとは使わないし

市販の調味料も添加物を気にします。

そうしているとだんだん、添加物の味が感覚的にわかってきます。

尖った味があるというか….

平たく言うと、わかりやすい味なんですね。

このわかりやすい味っていうのは大事で

わかりやすい味は依存性もあります。

味覚を衰えさせる理由でもあり

できるだけ避けたほうがいいです。

味覚を治す方法として有効なのは

3ヶ月間は頑張ってわかりやすい味を避け続ける事です。

3ヶ月頑張ればかなり味覚が戻ってきます。

外のもので、添加物が多いのは

コンビニのものが一番かな

味覚が戻って、わかりやすい味がわかってくれば

極端にはわかりやすい味を避ける必要がなくなります。

相当ことがない限り、味覚ば狂うこともないので。

添加物が美味しく無くなるということも理由の一つですが….

まとめると

わかりやすい味というのは

  • 尖った味
  • ガツンとくる味

逆にマイルドな味は添加物の味ではなく

食品の美味しさですので

そこがわかるように味覚を戻しましょう。

The following two tabs change content below.
精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント