スポンサーリンク

干し野菜を作ってみよう!大根の皮で干し大根など

食事

干し野菜ってみなさん作ったりしますか?

くま
くま

僕はめっちゃくちゃ作るよ!

意外に簡単にできるし、味も良く、何と言っても無添加です。

くま
くま

無添加は嬉しすぎる!

この記事では干し野菜について話そうかと思います。

メリット

メリットとしては

1.生の状態に比べて栄養価が高く味が濃い

野菜好きにはたまらないメリットですよね!

僕もチャレンジするきっかけになったのがこのメリットです。

2.生のものと比べ、保存が効く

水分が抜けているため、傷みにくくなります。

完全にドライな状態(水分が抜けている状態)だと、常温でも長期保存できます。

セミドライの場合は冷蔵庫です。

3.調理が楽にできる

カットして干すと、あとはスープに入れたりするだけなので調理が楽です。

また干し野菜から出汁も取れるので、その側面でも楽ですね!

4.捨てる部分が減る

人参の皮や大根の皮など、捨てている方もいるのではないでしょうか?

このような部分も干すとしっかり使えます!

味も濃縮されるので、料理の幅も広がります。

干し方

基本的には、カットして干すだけ!

大根や人参が始めやすく使いやすいです。

大根の皮を干すと、立派な味の干し大根もできたりします。

しめじなんかも簡単に干ししめじにできます!きのこは干すと出汁効果が高くて便利。

柚子の皮なども千切りにして干すと、お吸い物や煮物の時に風味づけとして大きな味方になってくれますよ!

僕はこのようなザルをお奨めています!

または、吊るすタイプもあります。

干す場所や時間

干す場所は、外の陽が当たる場所です。

時間は陽が出てる間で、夜は家に取り込みましょう。

雨の日や曇りはダメです。

野菜が濡れてしまうと、カビの危険が高くなってしまい、せっかくの干し野菜がダメになってしまうためです。

干し野菜で失敗する要因に多いのがこのカビですが

僕はカビが発生したことないですので

晴れた日にだけ干すと失敗がないですね。

また、数日に分けて干すことが多いために、翌日から雨が続くの日は避けましょうね。

最後に干し野菜の本のリンクを貼っておきますね!

The following two tabs change content below.
精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント