スポンサーリンク

しっとりした粗塩は焼塩にすると使いやすい。美味しい塩を工夫で使いやすく

調味料

塩…

藻塩や粗塩…

塩によっても味って違うんです。

美味しくない塩はしょっぱいだけ

美味しい塩は、旨味がある

クマは基本的に粗塩を使います

理由はミネラルも多くて

旨味も多いけら

塩のミネラルが美味しさに直結するんです

しょっぱいだけの塩はミネラルがないから

けど、藻塩も粗塩もしっとりしていて使いにくい

そこで、しっとりしている塩を使いやすくする小技を

焼塩にする

結論から言って

焼塩にしちゃいます

焼塩にしたら

サラサラな塩になります

粗塩などが使いにくい場面って

食材に塩をかけるのが

一番使いづらい

おう…

一箇所にまとまらないでくれー

ってなります

サラサラならば

まんべんなくかけれますね!

作り方

  1. フライパンに粗塩(焼塩にしたい分だけ)を入れます
  2. 弱火で焦げないように塩を動かしながら、水っけを飛ばします

フライパンはできれば鉄のがお勧め

フッ素加工は、溶け出すのが怖い…

作った焼塩は、使いやすい保存容器に入れておけば

そうそう使えなくなることはないです

The following two tabs change content below.
精進料理を中心に、和食などを作るのが大好きです。 食べるのも好きですが、どちらかといえば作る派。 発達障害、統合失調症、パーソナリティー障害を持っており、そのせいで凝り性なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました