スポンサーリンク

煮豆を作ると、市販品を買わなくなります。おすすめはうずら豆

食の話

うちでは煮豆を常備しています。

煮豆は副菜に最適

身体にもすごくいいんです。

丁寧に作れば

市販品を超える品に

くま
くま

市販品、買わないです…

そんな煮豆を

煮豆のメリット

栄養が多い

煮豆は豆なので

鉄分タンパク質が多いです

くま
くま

鉄分って世間のイメージでは

ほうれん草だけど

ほうれん草よりも断然多いよ

特に女性にはおすすめ

くま
くま

うちではPMS対策にもなってます!

煮豆はパクパクと食べれるので

栄養も摂りやすいですね。

くま
くま

葉物はパクパクはいけないからね

一気に多く作れるから、作り置きできる

煮豆は一袋分作れば

4日くらいは副菜に出せます

くま
くま

副菜が一品埋まるのは楽だよね

煮豆の作り方

煮豆は基本的には甘煮がおすすめです

甘煮が美味しいのは

  • 黒豆
  • うずら豆

などがあります

くま
くま

個人的に一番美味しいのは

うずら豆だよ!

うずら豆は煮豆にすると

食物繊維が増えるのだ!

  1. 豆(200g)をたっぷりの水で一晩戻す
  2. 戻した水は使わずに、鍋に豆と水(豆の3cmくらい上が目安)を入れる
  3. 中火で煮ていく
  4. アクが出たらきちんと取る
  5. 沸騰したら弱火で落とし蓋をして煮る(豆が水から出たらシワになるので出ないように差し水をする)うずら豆や金時豆は5分間隔で硬さ見てます!
  6. 一個食べてみて好きな硬さだったら砂糖(200g),醤油(小さじ1)を入れる。また甘さがもっと欲しかったら砂糖を追加
  7. 煮汁ごとタッパーに入れて保存する

基本の作り方です!

くま
くま

うずら豆に関しては

硬めに茹でて、砂糖のみで味をつけた方が

美味しいです!

くま
くま

砂糖も白砂糖ではなく、精製度が少ない砂糖を使うと

コクが出て、美味

面倒でも、丁寧に作った煮豆を食べると

時間をかける意味がわかります!

もっと上品に作るなら

茹でた後で、別鍋で砂糖を溶かしたシロップで煮るといいです!

また、緑の豆(青大豆)だけは

甘い煮豆より、しょっぱい煮豆が美味しいです

この場合は薄口醤油と出汁で煮ると美味しいです

副菜に出すと

食卓が華やかになりますし

身体にもいいので

レッツ煮豆生活!です!

The following two tabs change content below.
Avatar photo
和食を中心に、無添加の料理をする料理研究家です 自身も精神疾患などを持っておりますが 無添加料理を食べていると心も身体も健康にも変化があるため レシピのほか、食の話も発信中

コメント

タイトルとURLをコピーしました